半導体・FPDおよび情報システム関連の出版社EDリサーチ社
半導体工場の未来像
半導体投資・ライン分析2001

半導体製造ラインと製造装置システムの現状と詳細に分析
半導体投資戦略と工場計画、さらに世界の半導体工場の詳細データを集約
2001年10月6日発行
体裁:A4版変型 396ページ
価格:84,000円(税込) 75,600円(税込)


●これからの工場像

  本レポートでは、ファンドリ向けの台湾メーカーのライン状況(TSMC、日本ファンドリ)、大手日本メーカー(NEC、東芝、日立製作所、ソニー)の指向するシステムLSIに向けた短TATライン・高効率ラインを中心に、製品とFab・ラインという視点からそのコンセプト、生産性などについて詳細な分析を行っている。同時に次世代ライン構成についても細かい検討を加えている。

ネットワーク化する製造装置の将来像
  また、製造装置の稼働率を向上させるために装置のネットワーク化など新しい装置エンジニアリングシステム(ESS)について基本概念、主要メーカーの取り組み状況をまとめた。

●投資戦略・工場情報
 さらに300mmラインの動向、主要半導体メーカーの投資戦略、工場計画をまとめるとともに、世界の主要半導体工場について、所在地、生産能力、規模などをまとめたディレクトリを掲載するなど、投資・工場関連の情報を集約した。半導体産業の現在とこれからを知るための必須のレポートである。
▼半導体産業は現在、苦戦を強いられている。その厳しさは過去の不況期に匹敵、それ以上とも言われている。厳しい環境下で勝ち残っていくためシステムLSI、さらにDRAMに代表される大量生産製品とそれぞれの製品に最適化に向けてラインコンセプトの見直しが行われている。これは装置システムにまで及んでいる。一方、実際の経営、事業計画の面でも日本、欧米、韓国・台湾の各半導体メーカーは市場環境に合わせて投資戦略の見直しを進めている。それとは対照的に中国では政府主導のもと大型の工場計画が発表されてるなど、その動きが注目されている。本レポートは、これからの工場像、ネットワーク化する製造装置システムの将来像、半導体企業の投資戦略・工場計画の詳細な分析を柱に構成している。今後の半導体産業を捉えるために必須の一冊となっている。

===== 構成 =====
第1編.半導体産業の動向
(1)回復模索する半導体産業
(2)製品別市場動向−高成長が期待されるシステムLSI−
  1.DRAM・フラッシュメモリ市場動向
  2MOS.ロジック・MOSマイクロ市場
  3.システムLSI 市場
(3)投資概況とライン展望
 1.投資概況
 2.300mmラインの動向


第2編2001〜2002年の投資スタディ
(1)製品別ライン稼動見直し
(2)不況・立ち上がり期の投資最適化アプローチ
(3)安定的な半導体事業運営に向けての投資戦略
(4)製品別・規模別ラインの経済性

第3編短TAT・高効率Fabコンセプト
(1)求められる新しいFabコンセプト
(2)TSMCによる300mmウェーハの製造
(3)日本各社のFabコンセプト
 NEC、東芝、トレセンティ・テクノロジーズ、ソニー

第4編稼働率向上に向けた装置のネットワークサポート
(1)装置エンジニアリングシステム(ESS)の概要
(2)アプライド マテリアルズ ジャパンの示す向上効率化へのアプローチ
(3)有力装置メーカーの取り組み例

第5編.世界の投資計画・工場計画
(1)2001年以降の新規工場計画/工場増強計画
(2)300mm工場の動向

第6編.地域別メーカー別工場計画
(1)米国メーカーの投資動向・工場計画
 全体動向/Intel/Texas Instruments/Motorola/Micron Technorogy/IBM/IBM Microelectronics/AMD/Agere Systems/その他主要メーカーの投資・工場計画
(2)欧州メーカーの投資動向・工場計画
 ST Microelectoronics/Infenion Technologies/Philips Semiconductor/その他の欧州メーカー
(3)韓国メーカーの投資動向・工場計画
 サムスン電子/Hynix Semiconductor/亜南半導体/東部電子
(4)台湾メーカーの投資動向・工場計画
 TSMC/VIS(Vanguard International Semiconductor)/UMC/Winbond Electronics/MXIC/Mosel−Vitelic/ProMOS/Powerchip Semiconductor/NanYa Technologies/SiS/その他メーカー

(5)その他メーカーの投資動向と工場計画

 シンガポール/Malysia/中国

第7編.日本メーカー別工場・投資計画
(1)事業構造改革進める日本の半導体メーカー
(2)主要11社の生産・投資概況
(3)その他メーカーの投資動向と工場計画
 東芝/NEC/日立製作所/富士通/三菱電機/松下電器産業/ソニー/シャープ/三洋電機/ローム/沖電気工業/セイコーエプソン/その他メーカー

第8編.ディレクトリ
(1)会社概要

▲TOPへ戻る

購入案内
半導体・FPD業界の出版社

 

 

 

HOME
刊行物一覧
MAGAZINE
関連メーカーLINK
無料メールニュース
半導体・FPD関連ニュースなど最新の業界ニュースを毎週無料でお届け!
購読のご登録はこちら!

業界動向レポート
半導体投資・ライン分析2010 〜 再編・統合進む最先端半導体ライン〜
半導体産業業界地図2009-半導体関連企業提携戦略
半導体中古装置情報分析2009
世界太陽電池会社情報2008
CMOS RFIC業界分析
これで完璧!世界半導体会社情報2008
半導体投資・ライン分析2008 〜 寡占化に向う最先端半導体ライン〜
半導体パッケージビジネス戦略2008
半導体産業業界地図2008 −半導体関連企業提携戦略−
アジア半導体主要工場の製造装置2007
電子機器 モジュール会社情報2007
FPD産業業界地図2007 -FPD関連企業提携戦略-
半導体工場データベースWorld Fab Watch(年4回更新:最新版08年11月)
半導体製造装置サポートビジネス2006
進化する半導体組立・テスト工程
液晶パネルの長期展望と課題
サムスン電子、LGフィリップスLCDのTFTLCD事業大研究
半導体製造装置の信頼度向上
半導体工場の未来像
ソリューションビジネスへの新展開

半導体・FPD関連の技術書
FR31SiC半導体の基礎と応用
FR30微細CMOSトランジスタ技術
FR29半導体パッケージの基礎技術
FR28有機トランジスタ
FR27ウェーハレベルCSP技術
FR26Low-kドライ・エッチング技術
FR25ナノ・プロセスに対応する半導体洗浄技術の基礎と課題
FR24a-Si TFT-LCD技術
FR23ダイナミック・リコンフィギュラブル・ロジック技術
FR22 CMOS RFデバイス技術
FR21 車載半導体の現状と課題
FR20 低温ポリSi TFT-LCD技術

FR19 光リソグラフィ技術V -実践的基礎と応用-

FR15 光リソグラフィ技術U −計測と制御−
FR2 光リソグラフィ技術T −実践的基礎と課題−
FR18 SOIデバイス技術-実践的基礎と応用-
FR17 CMPの実践的基礎技術
FR16 MEMS実用化への取り組みと課題
FR14 CCD/CMOSイメージセンサの基礎技術
(新訂版2004年4月)
FR13 システムLSIビジネス
FR12 多層配線技術の最新動向 −銅配線/低誘電率膜−
FR11 システム・オン・パネル技術の 現状と将来展望
FR9 モバイル機器向け燃料電池の最新動向
FR7 アクティブ型有機ELディスプレイ
FR6 FeRAM技術の基礎と課題
FR5 反強誘電性LCD
FR4 エッチング技術の最新動向
FR3 半導体製造プロセスにおける インライン検査技術の最新動向
FR1 電子ペーパーの現状と実用化への課題

インフォメーション
刊行物購読お申し込み
EDリサーチ社 会社案内
お問い合わせフォーム
 
EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.
購入案内