.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年12月22日

ルネサスとGreen Hills Software、コネクテッドカー用コクピット開発で協業

  ルネサス エレクトロニクスと大手ソフトウェア・ソリューション・プロバイダのGreen Hills Software社は2017年12月22日、ルネサスが提供する量産車にも使用可能な車載グレードのSoC「R-Car H3」を用いた車載コンピューティングプラットフォームとして、Green HillsのINTEGRITYR とINTEGRITY Multivisorを搭載し、クライスラー社ダッジラム1500トラックをベースとした新型コネクテッドデモカーを開発した。
  同デモカーの「R-Car H3」上には、故障しても安全に対処するための機能安全(セーフティ)標準規格ISO 26262に対応したアプリケーションを、Androidベースのインフォテイメント、およびインスツルメントクラスタと統合し、外部の脅威からクルマを守るセキュリティとも両立することが可能なソフトウェアベースの車載コクピットとして搭載した。2018年1月9日から米国ラスベガスで開催されるCES 2018に出展する。
 ルネサスのコネクテッドカー用コクピットのデモカーは、ハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントの開発、統合、テストを、実際の車両における制約と条件の下で実現するように設計された開発プラットフォーム。ルネサスは、自動運転時代に向けて、オープン、イノベイティブ、トラステッドを特長とするRenesas autonomyプラットフォームの強化に努めており、Green Hillsなどの主要なパートナ企業とともに、最新の仮想化技術およびセキュリティシステムを含む、新しいソフトウェアやハードウェアを、今後も開発プラットフォームに継続して統合する。
 今回のコネクテッドカー用コクピットは、次のような従来型と最先端の両方のコクピットシステムを、単一の車両システムに統合している。さらに、今回のデモカーではINTEGRITY RTOSと、そのMultivisor仮想化エクステンションにより、ルネサスの「R-Car H3」上に、ISO 26262に対応する安全要求の高いアプリケーションコードと、汎用コードやゲストOSを安全に共存させることができるソフトウェアベースの車載コクピットを実現している。 INTEGRITY MultivisorのゲストOSとして、Androidベースのセンターコンソールディスプレイを搭載し、タッチスクリーンマルチメディア、空調制御、ナビゲーション、クラウド接続された車両メンテナンスモニタリング、およびドライバ生体認証機能を提供している。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2017/news20171222.html







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向