.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年12月21日

東芝、岩手・水沢に東芝メモリの新規拠点を建設

 東芝は2017年12月21日、3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産拡大を目的に、子会社の東芝メモリ(TMC)が岩手県北上市に建設することを決定している製造拠点の立上げに向け、2017年度中に一部先行投資を実施し、新会社を設立することを、決定したことを発表した。
 TMCは2017年度中の先行投資として、岩手県北上市において新製造棟の建設予定地となる土地を取得し、造成工事に2018年2月から着手する予定。新製造棟に関するこれら2017年度中の投資額は一部建設材料の先行手配含めて70億円を見込んでいる。新規拠点への今後の設備投資全体計画については、今後市場動向を踏まえながら、建設時期、生産能力、生産設備など詳細を決定していく予定。また、TMCは、製造拠点の立上げ及びその運営のために、岩手県北上市に新会社「東芝メモリ岩手株式会社」を設立する(設立予定は2017年12月25日)。なお、この先行投資は2017年度のストレージ&デバイスソリューション向け設備投資額6000億円の枠内で行われる。また、同新製造棟への米Western Digital(WD)社の参画に関する最終契約について、協議していく予定である。

URL=http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20171221_1.pdf







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向