.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年10月25日

ソニー、業界最高レベルの車載カメラ向け有効742万画素積層型CISを製品化

  ソニーは2017年10月23日、先進運転支援システム(ADAS)用途の前方センシングカメラ向けに、1/1.7型(対角9.69mm)で業界最高レベルの解像度となる有効742万画素RCCCフィルタ採用の積層型CMOSイメージセンサ(CIS)「IMX324」を商品化し、2017年11月からサンプル出荷を開始することを発表した。量産出荷は2018年6月を予定している。
 新製品は、感度が従来比約3倍の水平解像度を持ち、遠方撮影では約160m先にある交通標識の高精細な撮像を実現する。さらに低照度の環境においては、感度をより高めるための画素加算モードの搭載により、高感度2666mVを実現し、月明かりに相当する暗さの夜間でも歩行者や障害物を撮像することが可能となっている。また、夜間においてヘッドライトや街灯により明暗が混在する場面でも、暗い部分は高感度、明るい部分は高解像度で交互に撮像する機能を持たせ、後段の信号処理との組み合わせによる高精度な認識が可能となる。
  さらに、画素部分と信号処理部分を重ね合わせた積層構造を車載カメラ向けイメージセンサとして業界で初めて採用することにより、高解像度ながらも小型サイズと低消費電力を実現した。
 なお、今回の新製品は、米Intel社の子会社であるMobileye社が先進運転支援システム(ADAS)および自動運転技術に向けて開発中のイメージプロセサ「EyeQR4」、「EyeQR5」と接続可能となる予定である。
 本イメージセンサーは、自動車向け電子部品の信頼性試験基準「AEC-Q100 Grade2」を2018年6月までに満たす予定。さらに、自動車向け機能安全規格「ISO26262」に準拠した開発プロセスを導入し、車載向けとしての機能安全要求を満たす設計品質を実現しており、故障検知・通知・制御などの機能安全要求レベル「ASIL B(D)」に対応している。また、車載カメラ向けCISとしてイメージセンサから出力される画像の改ざんを防ぐセキュリティ機能を実装している。
 新製品はユニットセルサイズが2.25μm(H)x 2.25μm(V)、フレームレートは全画素読み出しで最大40fps、ダイナミックレンジ(EMVA1288規格)は120dB、センー飽和信号量(最小値)800mV。パッケージは108ピンPlastic BGA(13.23mm x 8.97mm)で提供される。

URL=https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201710/17-094/index.html


sony





 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向