.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年10月17日

リコー電子デバイス、最大60V動作の高耐圧電源ICを開発

 リコーの子会社であるリコー電子デバイスは2017年10月16日、車載一般電装品など向けにCMOSプロセス技術を用いた高耐圧電源ICシリーズのボルテージレギュレータ「R1560/R1561シリーズ」とボルテージディテクタ「R3160シリーズ」を発売した。
 「R1560/R1561シリーズ」は、最大入力電圧60Vの高電圧で100mA出力でありながら、消費電流が非常に少ないLDO。「R1560シリーズ」は、3.0μAと超低消費で、「R1561シリーズ」は、消費電流が20μAですが過渡応答特性に優れた製品となっている。  「R3160シリーズ」は、検出電圧範囲が10V〜48Vと広く検出精度も±1.5%〜±1.75%と高精度での検出が可能となっている。同社の従来製品の動作最大電圧が36Vや42Vであるのに対して、同シリーズは60Vと高くなっており、48Vバッテリーシステムの車載機器や産業機器に最適な製品となっている。
  本製品シリーズは車載一般電装品向けに加え、車載アクセサリー、産業機器、民生用向けと用途に合わせて4つの品質ランクをラインアップしている。パッケージは、R1560/R1561がHSOP-6J/TO252-5、R3160はSOT-23-6。
 サンプル価格は250円(R1560の1000個購入時の参考価格)、サンプル受注は2017年10月16日に開始、量産字は月産規模は200万個を計画している。

URL=http://jp.ricoh.com/release/2017/1016_1.html?_ga=2.61929772.1457022241.1508217452-1494740099.1473725363


Ricoh






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向