.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年10月16日

Infineon Technolgies、自動運転向けソリューションを開発

 独Infineon Technolgies社は2017年10月6日、自社が開催するOktoberTech 2017テクノロジーフォーラムにおいて、 新しいレーダ・センサを含む、自動運転を支える最新の半導体ソリューションを展示した。同社は最近、レーダ・チップセットから構成された完全なソリューションを早期導入企業に提供した。これには先進的レーダシステムの開発をさらに加速する、77/79GHz MMIC、専用のセンサ処理ユニットを搭載した高性能マルチコアAURIXマイクロコントローラ、およびフェールセーフ電源が含まれている。
 今回発表しているMMICのRFレーダ・トランシーバは、従来のRFトランスミッタ、RFレシーバ、およびコンパニオンデバイスであるPLL(位相同期回路)という3つの部品を置き換える。このRFレーダトランシーバと第2世代のレーダ専用AURIXマイコンおよびフェールセーフ電源が組み合わさることにより、拡張性に富んだレーダチップセットの基盤を構成している。3製品はいずれもISO26262仕様に完全に準拠している。
 同社ではこれらを利用したレーダモジュールのソフトウェアを含むスターターキットについて、2018年第1四半期の提供開始を予定している。このレーダーモジュールのスターターキットには、3つのIC(RFレーダートランシーバー、レーダー専用のAURIXマイクロコントローラー、およびフェールセーフ電源)と、このチップセットに含まれる専用ハードウェアによる信号処理アクセラレーターを活用するための、内蔵ソフトウェアパッケージとが含まれている。

URL=https://www.infineon.com/cms/en/about-infineon/press/market-news/2017/
INFATV201710-002.html







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向