.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年10月5日

大日本印刷、車載ディスプレイ用視野角制御フィルムを拡充

 大日本印刷は2017年10月5日、フロントガラスへの車載ディスプレイからの光の映りこみを防ぎ、運転席からの視認性を高め、車内デザイン設計の自由度や次世代カーナビゲーションシステムにも対応する「車載ディスプレイ用視野角制御フィルム」の各種バリエーションを発表した。
 同社の「車載ディスプレイ用視野角制御フィルム」は、カーナビゲーションシステムなどの夜間におけるフロントガラスへの映り込みを防ぐことから、これまで国内外の自動車メーカーなどに採用されている。今回は、その視野角制御機能をさらに改善し、ディスプレイの光を、正面、上方、下方、左右など任意の方向にコントロールし、ディスプレイの設置角度等デザインの自由度に対応できる光制御フィルムを新たに開発した。カーナビゲーションやスピードメーターなどの車載ディスプレイ機器の設置場所に応じて、最適な視野角制御フィルムを装着することで、運転の妨げとなることを防止する。
 視野角制御フィルムは、フィルム内に形成した微細なルーバーの形状によって、光の進む方向を制御するもの。今回、同社が保有する最先端の光学設計・金型切削・微細加工の技術により、光の制御機能をこれまでの固定方向のみならず上下・左右の方向へ任意に光をコントロールすることができるようにした。微細な賦型形状を製品ごとにカスタマイズして、最適な方向に光の進行方向を制御する。これにより、視認性や映り込みの観点からこれまで制約のあったインパネ部分のデザインが自由に設計できるようにした。

URL=http://www.dnp.co.jp/news/10138574_2482.html


dnp




 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向