.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年10月4日

Xilinx、RFシグナル チェーンを1チップに統合したSoCを開発

 米Xilinx社は2017年10月3日、5G無線、ケーブルRemote-PHY、レーダ向けに、RFシグナル チェーンを1つのSoCに統合した革新的なアーキテクチャである Zynq UltraScale+ RFSoC ファミリの供給を開始したことを発表した。
 Xilinxの16nm UltraScale+ MPSoCアーキテクチャをベースとするAll Programmable RFSoCは、RFデータ コンバータとSD-FECコアを、Xilinxの高性能16nm UltraScale+プログラマブル ロジックおよびARMマルチプロセッシング システムと組み合わせることで、包括的なアナログ-デジタル シグナル チェーンを実現する。モノリシックに統合することでシステム消費電力と専有面積を最大50〜75%削減するとともに、SD-FEC (Soft-Decision Forward Error Correction: ソフト判定前方誤り訂正) コアを統合することで5GおよびDOCSIS 3.1の規格に準拠する。
 RFからデジタルへのシグナル コンディショニングおよび処理は、通常スタンドアロン サブシステムに分けて行われるが、Zynq UltraScale+ RFSoC では、アナログ、デジタル、エンベデッド ソフトウェアの設計を1つのモノリシック デバイスに統合し、システムの堅牢性を実現する。同ファミリに含まれるデバイスは、上記のほか、以下のようなものが含まれている。
 8つの4GSPS 12ビットADCまたは16 個の2GSPS 12ビット ADC、8〜16個の6.4GSPS 14ビットDAC、5GおよびDOCSIS 3.1向けにLDPC およびターボ コーデックを持つ、内蔵の SD-FEC コア、クアッドコアのCortex-A53 およびデュアルコアのCortex-R5を搭載したARMプロセシング サブシステム、Nx100G コアを内蔵した 16nm UltraScale+プログラマブル ロジック、最大93万個のロジック セルおよび4200個を超えるDSPスライス。
 これらの回路をモノリシックに統合することでシステム消費電力と専有面積を最大50〜75%削減するとともに、SD-FEC (Soft-Decision Forward Error Correction: ソフト判定前方誤り訂正) コアを統合することで5GおよびDOCSIS 3.1の規格に準拠する。サンプルは複数の顧客に既に出荷されており、Xilinxは現在、Zynq UltraScale+ RFSoCファミリのアーリー・アクセス・プログラムを提供中。

URL=https://www.xilinx.com/news/press/2017/xilinx-delivers-zynq-ultrascale-rfsoc-family-integrating-the-rf-signal-chain-for-5g-wireless-cable-remote-phy-and-radar.html







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向