.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月28日

マツダ、デンソー、トヨタが電気自動車の共同技術開発契約を締結

  マツダ、デンソー、トヨタ自動車は2017年9月28日、電気自動車(EV)の基本構想に関する共同技術開発に向けた契約を締結した。また、この共同技術開発を効率的に進めるために新会社を設立し、3社のエンジニアが一堂に会して活動を実施することを決定した。
 3社は、市場動向に柔軟かつ迅速に対応するため、幅広いセグメント、車種をカバーできるEVの基本構想に関する技術を共同で開発することに合意した。軽自動車から乗用車、SUV、小型トラックまでの幅広い車種群を対象とし、マツダの「一括企画」や「モデルベース開発」、デンソーの「エレクトロニクス技術」、トヨタの「TNGA」など、各社の強みを持ち寄り、開発手法そのものを見直していく。
 新会社では、主に以下に取り組んでいく。
 @ユニットおよび車両についてEVに最適となる性能および機能を規定する特性(コモンアーキテクチャ)を研究。コモンアーキテクチャれは製品に要求される性能を、各構成要素に配分して実現するための製品設計の基本コンセプト。コモンアーキテクチャ構想では、車格や出力の違いを超えて各ユニットの基本構造を共通化し、特性を揃えることで、多様な製品を同じプロセスで開発・生産できるようにしている。
 A上記@の特性を実現する各ユニットの搭載および車両としての性能を検証。
 BAを通して、車種群として考えた場合の各ユニットおよび各車両の最適構想の検討。

  今回の共同技術開発に対して、マツダとトヨタは開発資源を等しく負担するとともに、効率的な開発、および既存生産設備の活用を図ることで、各社がリソーセスをクルマ本来の価値追求に注力し、EVを「コモディティ化」させることなく、それぞれのブランド独自の付加価値あるクルマを追及していく。
 また、今後は他の自動車メーカーやサプライヤーも参画可能なオープンな体制を目指す。  新会社の社名は「EV C.A. Spirit 株式会社」(愛知県名古屋市)。資本金は1000万円で、出資比率はトヨタ90%、マツダ5%、デンソー5%とする。社員数は発足時で約40名計画している。

URL=http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/18839949/


toyota


新会社の体制イメージ




 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向