.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月27日

Samsung Electronics、自動車向け次世代フラッシュ・ストレージを発表

 韓国Samsung Electronics社は2017年9月26日、先端運転支援システム(ADAS)や次世代ダッシュボード、インフォテイメントなどこれからの自動車用途向けに組込型汎用フラッシュ・ストレージ(embedded Universal Flash Storage:eUFS)を発表した。今回は128ギガバイト(GB)品と64GB品を製品化している。
 同社では2015年にがJEDEC UFS2.0標準に準拠した128GBの組み込みメモリを発表しているが、今回はJEDEC UFS 2.1に準拠したeUFSソリューションは、高いデータ転送速度と安定したデータ信頼性を高めている。具体的には128GBのeUFSでは、データ転送速度は850MBpsを達成しており、eMMC5.0ソリューションと比較して読み出し速度の3.4倍となっている。ランダム読み出し速度は6.3倍を達成している。これらの性能は自動車におけるインフォテイメント、カーナビゲーションの高性能化に貢献するとしている。
 また、新しいeUFSソリューションは効果的で信頼性の高いエラー・ハンドリング・プロセスを採用している。具体的にはMIPI UniProプロトコルをベースに、ハードウェア層におけるI/Oエラーの検出と修正を、ソフトウェアやタスク再動作をすることなく行うことができるようになっている。

URL=https://news.samsung.com/global/samsung-starts-producing-industrys-first-universal-flash-storage-for-next-generation-automotive-applications


samsung






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向