.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月25日

東芝、高変換効率のフィルム型ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発

   東芝は2017年9月25日、樹脂フィルム基板上に作製した5cm×5cmのペロブスカイト太陽電池モジュールで、世界最高のエネルギー変換効率10.5%(一般財団法人電気安全環境研究所の測定による)を達成したことを発表した。  これまで培ってきた有機薄膜太陽電池モジュール作製技術をベースに、フィルム基板を用いたペロブスカイト太陽電池向けの成膜プロセス技術や、モジュール作製のためのスクライブプロセス技術を開発したことで、フィルム型ペロブスカイト太陽電池モジュールとしては、10%を超える世界最高の変換効率を達成した。
 同モジュール技術はフレキシブルなフィルム基板を用いていることから、ロール・ツー・ロール方式で作製でき、低コスト化が可能となっている。また、高効率のポテンシャルを持つペロブスカイト太陽電池のため、更なる高効率化が期待できる。  今回開発した技術では、PENのような樹脂フィルムを基板として用いることから、セル構造として150℃以下の温度で作製可能なプレーナ型逆構造(図1)を採用した。
 大面積化の課題に対しては有機薄膜太陽電池の研究開発で培ったメニスカス塗布印刷技術でCH3NH3PbI3ペロブスカイト多結晶膜の均一成膜に成功し、セルごとの特性ばらつきを低減させてモジュールとしての効率を向上させた。また、モジュール作製のスクライブプロセスでは、刃圧の最適化と、弱い刃圧でも電極上の膜が良好に除去できる材料の組み合わせにより、ガラス基板を用いた場合と同等なレベルにセル間抵抗を減少させ、変換効率を向上させました。樹脂基板向けに開発したITO透明電極のシート抵抗低減も高効率化に寄与している。
 同社では、結晶シリコン太陽電池に匹敵する効率、および基幹電源並みの発電コスト7円/kWhの実現を目指して、研究開発を進めていく。

URL=http://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1709_02.htm


toshiba1

toshiba2






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向