.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月13日

村田製作所、金属対応のRAIN RFIDタグを商品化

 村田製作所は2017年9月11日、金属面に取り付けることが可能なRAIN RFIDタグ「LXFLANMXMG-003」を商品化し、年内に量産を開始します。工事現場の資材や工具、IT機器、物流カートやコンテナなどの金属物の管理が主な用途となる。
 金属面へのRFIDタグの取り付けは、RFIDリーダーから放射される電波が金属面で反射することによって、通信が遮断される課題がある。これに対して、同社で保有している多数の金属対応RFIDタグの特許技術を活用し、金属面をアンテナの一部として利用できる本製品を商品化した。当社の金属対応RAIN RFIDタグの使用により、例えば目視での識別や保管場所の特定が難しいコンテナや工具などの金属物の在庫管理が容易に行える。  同製品は、Impinj MonzaR R6P(RFIDタグのIC)と当社が設計するタグで、良好な受信感度と高い読み取り性能を確保している。またIP68規格で防水性能のため、屋外での使用も可能です。
  MonzaR R6Pは96ビットのEPCメモリと64ビットのユーザーメモリがあり、タグの所有者は内部管理番号を追加でエンコードすることができる。RAIN RFIDとそのクラスで最高のノウハウを持つImpinjのプラットフォームとともに、当社は高付加価値なソリューションを提供していく。

URL=http://www.murata.com/ja-jp/about/newsroom/news/product/rfid/2017/0911


Murata




 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向