.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月11日

パナソニック、高出力太陽電池セル単体販売を今年度中に開始

 パナソニック エコソリューションズ社は2017年9月7日、ソーラー事業の競争力向上を目指して、従来のモジュールのみの販売から、強みの源泉である高出力太陽電池セル単体のデバイス販売も今年度中に開始し、B2B事業の強化を図っていくとの方針を明らかにした。
 同社が生産している太陽電池モジュールHIT用セルは、アモルファスと単結晶の当社独自のヘテロ接合型太陽電池で、高い変換効率、温度上昇による性能低下が少ない優れた高温特性、両面発電などの特長がある。今後、セルの販売強化により、グローバルのセル生産体制を最大限活用していく。一方、モジュール生産体制については見直しを図り、住宅用、産業用モジュールの生産は海外工場、車載用モジュールの生産は二色の浜工場で行う。これにより2018年3月末に滋賀工場でのモジュール生産を終息する。
 滋賀工場でのモジュール生産終息に伴い、同工場の従業員につきましては、パナソニックグループ内での異動・再配置を基本に、従業員の意思を尊重しながら雇用確保を前提に労使協議を進めていく。  滋賀工場の現在の従業員数は63名、2008年7月から太陽電池モジュールの生産を開始している。

URL=http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/09/jn170907-4/jn170907-4-1.pdf







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向