.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月4日

アルバック、高速排気・低消費電力のドライ真空ポンプシリーズを開発

 アルバックは2017年8月31日、ドライ真空ポンプ「LSシリーズ」を開発したことを発表した。2018年1月より、最大排気速度120〜1200m3/hの4機種をラインアップする。
 今回の製品では、大気圧付近の排気速度を大きくする事で、高速排気(排気時間の短縮)を実現しつつ、これまでに培った独自技術により消費電力を低減している。一般的な低消費電力型ドライ真空ポンプに比べて約20%の排気時間短縮を可能にした。この高速排気を実現しつつ、到達圧力時の消費電力は業界トップクラスの0.6kW以下を達成した。また、専用サイレンサーを内蔵し、60dB(A)以下を実現している。
 ドライ真空ポンプ「LSシリーズ」の販売価格は、150万円〜を予定している。販売台数は初年度に200台、2019年度に1500台を見込んでいる。

URL=https://www.ulvac.co.jp/information/20170831/







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向