.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月1日

新日本無線、信号処理機能を搭載したマイクロ波移動体距離計測センサを開発

 新日本無線は2017年8月31日、マイクロ波センサ"WaveEyes"シリーズに信号処理機能を内蔵した低背・アンテナ一体型24GHz帯移動体距離計測センサモジュール「NJR4234BVシリーズ」を追加、サンプル出荷を開始した。
 同製品は外形38x38x4.2mmのサイズに24GHz帯マイクロ波回路・アンテナ・信号増幅回路・マイクロコントローラ(MCU)を内蔵した。距離計測可能なセンサとして当社独自の信号処理により、屋内や街中などの障害物の多い環境でも移動体を検出し、移動体までの距離を算出・出力する。電波干渉を回避するための独自アルゴリズムを搭載し、同一環境下での複数の使用が可能となっている。
 小型化も進めており、外形38x38x4.2mmの小型・低背サイズに24GHz帯マイクロ波回路・アンテナ・信号増幅回路・MCUを内蔵。同社の従来品「NJR4233D1」に対し、約81%削減の軽量化と、約58%削減の低背化を実現した。UARTインターフェイスにより容易に他の機器と接続が可能で、軽量化・低背化と相まって様々な産業機器や民生機器にセンサフロントエンドとして容易に組み込んで使用することが可能となっている。

URL=http://www.njr.co.jp/products/press2017/NJR4234BVseries.html







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向