.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年9月1日

17年の世界半導体設備投資額、前年比20%超拡大し、800億米ドル突破に

  調査会社である米IC Insights社は2017年8月31日、2017年の半導体設備投資額予想の修正値を発表した。今回の予想では、世界の半導体設備投資額は、前年比20%増の809億米ドル(2016年度673億米ドル)に拡大するとしている。前回予想では同12%増の756億米ドルであった。ファンドリ(前年比4%増)、NAND型フラッシュメモリ(同33%増)の17年上期投資実績が予想を上回ったことが、上方修正につながった。
 応用分野別の投資額構成比率は、MPU/MCUが116億米ドル、ロジックが76億米ドル、ファンドリが228億米ドル、DRAM/SRAMが130億米ドル、フラッシュ/NVが190億米ドル、アナログ/その他が69億米ドル、としている。
 DRAM/SRAMでは、微細化などの技術革新向け投資が中心となっている。フラッシュ/NVでは3D NAND型フラッシュメモリの生産能力強化の投資が中心となっている。

URL=http://www.icinsights.com/news/bulletins/Most-Of-2017-Capital-Spending-Will-Go-To-Foundry-And-Flash-Memory/


ICInsights




 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向