.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年8月30日

ルネサス、ネットワーク監視カメラ向け4K対応848万画素CISを発売

 ルネサス エレクトロニクスは2017年8月30日、ネットワーク監視カメラ向けに、高感度・高解像度な4K対応の848万画素CMOSイメージセンサ「RAA462113FYL」を開発したことを発表した。すでに量産中である212万画素の製品とともに、ネットワーク監視カメラ向けハイエンドCMOSイメージセンサとして一般拡販を本格化する。新製品のサンプル出荷は同月から開始、量産は2017年12月開始の予定である。
 新製品は、優れた低照度性能により、月明り環境下でも視認性の高いフルカラー画像を実現している。また、高解像度な4K画像を毎秒60フレーム(60fps)で高速出力により、電子ズームをしても視認性のよい画像を撮像可能としている。ダイナミックレンジも改善、1ラインごとに、長秒露光データと短秒露光データを別々に出力するLine by Line HDR(High Dynamic Range)モードをサポート。明暗差のあるシーンでも動画撮像が可能となっている。
 また、カメラモジュールメーカと共同で開発した新製品搭載のリファレンスボードを用意しており、当社CMOSセンサの性能評価が可能となっている。今後は、カメラモジュールメーカと連携して、オートフォーカス機能、HDR(High Dynamic Range)機能、広域監視機能、手振れ補正機能など、様々な機能を実現するカメラモジュールを順次提供していく。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2017/news20170830.html


Renesas1

Renesas2






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向