.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年8月22日

Intel、第8世代Coreプロセサを発表

 米Intel社は2017年8月21日、第8世代のCoreプロセサを発表した。新プロセサは第7世代品と比較して、40%以上の高性能化を実現している。
 今回発表された第8世代のKaby Lakeアーキテクチャを採用したCore Uプロセサは、プロセスルールこそ第7世代と同等の14nm+プロセスを採用、最適化によりTDP 15Wのままでクアッドコア化することに成功。第7世代と比べ、コアを2基増やしたことで25%、高クロック化など設計と製造の最適化で15%、計40%性能を伸ばした。また、アーキテクチャも第7世代のKaby Lakeを踏襲しており、エンコード/デコードエンジンは同じで、熱設計の点を除き、チップセットも同じものが利用できるようになっている。
 今回発表したのは、動作周波数(ベース)1.9GHzの「i7-8650U」(最大動作周波数4.2GHz)、1.8GHzの「i7-8550U」(最大動作周波数4GHz)、1.7GHzの「i5-8350U」(最大動作周波数3.6GHz)、1.6GHzの「i5-8250U」(最大動作周波数3.4GHz)の4種類。すべてクアッドコア(8スレッド対応)で、対応する既存の第7世代チップよりも最大40%高速になっているという。その性能向上のうちの25%はコアの追加によるもので、残りは製造や設計の改良によるものとしている。キャッシュメモリはi7が8MB、i5が6MBを搭載、またGPUとして「Intel UHD Graphics620」を実装している。
 なお、第8世代プロセサは今後、14nm++プロセスの「Coffee Lake」アーキテクチャと10nmプロセスの「Cannonlake」アーキテクチャを採用する製品をリリースする予定である。

URL=https://newsroom.intel.com/editorials/new-8th-gen-intel-core-processors-simplifying-today-opening-door-whats-next/







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向