.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年8月9日

MXICが動作周波数250MHzの超高性能Octaフラッシュメモリを発表

 台湾Macronix International(MXIC)社は2017年8月8日、8つのI/Oを持つUltra-OctaFlashの新製品を発表した。同新製品は動作周波数250MHzで読み出し速度は500MB/sとなっている。高速レイテンシ・アクセス時間が80ns、連続バイトの読み出し時間は2ns、最大リードタイムは500MBpsとなった。パッケージは24ボールのBGAで提供している。Quad SPIとual-Quad SPIピンアウト・パターンを提供している。
 同製品は55nmプロセスで製造する。すでに1.8V、256Mbと512Mb品のサンプル出荷を開始している。パワー・インスタント-オン・アプリケーションへの応用が期待されている。

URL=http://www.mxic.com.tw/en-us/about/news/Pages/Macronix-Introduces-New-Ultra-High-Performance-OctaFlash-Memory-and-Services-to-Power-Instant-on-Applications.aspx







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向