.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年8月4日

ディスコの17年度1Q業績、売上高は前年度比42%増、利益は84%増

 ディスコは2017年8月3日、2017年度第1四半期(2017年4月〜6月)業績を発表した。同期の全社売上高は前年度比42.6%増の444億1400万円、営業利益は同118.0%増の151億700万円、純利益は同84.2%増の106億7200万円となった。
 精密加工装置の売上高は同約60%増、消耗品である精密加工ツールは同約20%増と大幅に増加した。利益面も、付加価値の高い製品販売が伸長したことにより大幅な増益となった。
 事業分野別売上高比率は、精密加工装置が58%、精密加工ツールが20%、部品が6%、その他が14%、産業用研削製品事業が2%となった。精密加工装置の内訳はダイサが80%、グラインダが20%となった。ダイサのうち、ブレードダイサが70%、レーザソーが30%となった。グラインダでは薄化DGPが70%、通常グラインダが30%となっている。
 2017年度上期見通しは、全社売上高が831億円、営業利益は260億円、純利益は186億円とあいている。精密加工装置は前年度比50%弱の増加、グラインダが同50%増、ダイサが同50%弱の増加、精密加工ツールは同10%増としている。

URL=http://www.disco.co.jp/jp/ir/library/pdf/fr/fr20170803.pdf







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向