.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年8月3日

東芝メモリ、四日市工場第6棟への投資増額を決定

 東芝は2017年8月3日、子会社・東芝メモリが建設中の四日市工場の第6製造棟に関して、第1期分となる96層積層プロセスによる3次元フラッシュメモリ用クリーンルームへの生産設備に関しては東芝メモリが単独で行うことを発表した。同時に第1期分の生産設備および第2期分の建屋建設投資を、前回発表(2017年6月28日)か総額約1800億円の投資計画額を、150億円増加して1950億円とすること発表した。
 上記生産設備の導入時期は2017年12月を予定しており、2018年の需要拡大に対応し、事業を拡大していく。その後も引き続き3次元フラッシュメモリ化を加速し、フラッシュメモリ生産量のうち3次元比率を2018年度は約90%に引き上げることを計画している。

URL=http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170803_1.pdf







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向