.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年7月31日

ルネサスの17年度上期業績、売上高は前年度比18%増、営業利益は29%増

 ルネサス エレクトロニクスは2017年度上期(2017年1月〜6月)および2017年度第2四半期業績を発表した。同期の全社売上高は前年度同期比17.5%増の3757億8100万米ドル、半導体売上高は同18.1%増の3669億円となった。営業利益は同29.1%増442億6400万円、純利益は470億4900万円となった。
 売上高については、円高が進行したものの、2017年2月に買収を完了した米Intersil社の売上が連結売上として計上されたことに加え、前年同一期間の熊本地震の被災影響が解消したことにより売り上げ増につながった。また、売上増に伴い、営業利益も増加した。 第2四半期の売上高は、全社が前年度同期比30.4%増の1981億円(前期比11.5%増)、半導体事業が同31.7%増の同31.7%増の1943億円(同12.6%増)。
 営業利益は同1.2%増の188億円、純利益は同171.3%増の271億円となった。
 事業分野別売上高は以下の通り。
 自動車向け事業の売上高は同24.6%増の1029億円となった。「車載制御」および「車載情報」の売上が共に増加した。
 産業向け事業は前年度比18.9%増の540億円となった。主に「スマートインフラ」の売上が減少したものの、FAをはじめとする産業機器や中国向けエアコンなどの需要増により、「スマートファクトリー」および「スマートホーム」の売上が増加したことによる。
 ブロードベースド向け事業は同95.8%増の363億円となった。同製品は「汎用マイクロコントローラ」および「汎用アナログ半導体」を中心に提供している。主に「汎用マイクロコントローラ」の売上増に加え、Intersil買収に伴う「汎用アナログ半導体」の売上が増加したことにより、大幅な成長となった。
 2017年度第3四半期については、売上高が前年度比27.9%増の1952億円、半導体売上高は同29.4%増の1919億円と予想している。営業利益は同83.7%増の305億円、純利益は同124.6%増の256億円と予想している。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2017/news20170728a.html








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向