.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年7月4日

Qualcommが14nm FinFETプロセスによるSnapdragon 450を発表

 米Qualcomm社は2017年6月29日、子会社であるQualcomm Technologies社が Qualcomm Snapdragon 450 モバイル・プラットフォームを発表した。同製品は Snapdragon 400 モバイルプラットフォーム・ファミリのエントリレベルにあたるもので、ミッドレンジのスマートフォンやタブレット向けに開発したものでデュアル・カメラをサポート、高速LTE接続などを実現している。製造に14nm FinFETプロセスを採用した同社の最初の製品となる。
 Snapdragon 450 モバイル・プラットフォームは、 CPUにARM Cortex A53、GPUに自社のQualcomm Adreno 506 GPUを搭載している。CPU、GPUとも先行製品から性能を25%程度向上させている。バッテリの使用時間についても向上が続いており、Snapdragon 435から4時間延ばしている。ゲーム使用時の電力消費を30%低減することができる。また、QualcommのQuick Charge 3.0をサポート、0〜80%への充電時間を35分にまで短縮することができる。
 カメラ/マルチメディア関連では、リアルタイムBokeh効果をサポートしている400-tierに対応している。13+13MPのデュアルカメラ、21MPまでのシングルカメラに対応している。また、ハイブリッド・オートフォーカス、1080pのビデオ・キャプチャなどに対応している。さらに920x1200フルHDディスプレイに対応している。Qualcomm Hexagon DSPにより、マルチメディアに対応している。
  接続、USBでは、上り/下りで300Mbps/150Mbpsに対応した2x20MHzキャリア・アブレーション のSnapdragon X9 LTEモデムを採用している。Snapdragonのすべてのモード、MU-MIMOサポートの802.11acなどをUSB接続に対応している。
 Snapdragon 450は2017年第3四半期からサンプル出荷を開始する予定。2017年末までに発売開始を予定している。

URL=https://www.qualcomm.com/news/releases/2017/06/28/qualcomm-snapdragon-450-mobile-platform-bring-14nm-finfet-process-enhanced







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向