.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年7月4日

NXP、Power Architectureテクノロジ・ベースのソフトウェア・ソリューションを拡充

 オランダNXP Semiconductor社は2017年7月4日、NXPは複雑なマイクロコントローラを使用する顧客の開発を支援するため、品質、性能、安全性、環境適合性を向上する電子システムの開発プロセスを簡素化するオープン車載ソフトウェア・アーキテクチャであるAUTOSAR規格に対応した車載グレード・ソフトウェア・ソリューションの提供を開始することを発表した。
 同社では、NXPのMPC56xx/MPC57xxマイクロコントローラ・ファミリ向けソフトウェア・ソリューションにより、お客様はゲートウェイ、機能安全、先進モータ制御、エンジン制御、レーダー、ブレーキ、ステアリング、サスペンションなどの広範な車載アプリケーションのコストと開発労力の大幅な低減や市場投入期間の短縮が可能になる。
 この業界標準をサポートするため、NXPはMPC56xxデバイス向けの量産用AUTOSAR MCALとオペレーティング・システム・ソフトウェアの無償提供を開始する。さらに、NXPは、MPC57xxマイクロコントローラ向けのAUTOSAR 3.0/4.0 MCALとオペレーティング・システムの大幅な価格引き下げも発表している。
 NXP車載グレード・ソフトウェア製品は、MISRAとAutomotive SPICE準拠開発プロセスに従って開発されている。NXPのSafeAssureプログラムに基づき設計されたMCUを対象とするソフトウェアに対して、機能安全に関するISO 26262標準への準拠のために開発プロセスが強化されてきた。NXPソフトウェアはAUTOSARエコシステム向けに開発された他のソフトウェアや、サード・パーティが提供するAUTOSARコンフィギュレーション・ツールとの統合が可能となっている。
 NXP MCALパッケージには主要なMCUペリフェラルや、初期化、通信、I/O処理、メモリ管理のためのドライバが含まれている。  また、トータル・システム・ソリューションを構成するソフトウェア・スタックとミドルウェアを提供している。

URL=http://media.nxp.com/phoenix.zhtml?c=254228&p=irol-newsArticle&ID=2283459







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向