.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年6月8日

ADI、高利得、高出力、高効率のコンパクト広帯域GaN MMICアンプを発表

 米Analog Devices(ADI)社は2017年6月6日、コンパクトな設計でクラス最高レベルの性能を実現する、広帯域窒化ガリウム(GaN)パワー・アンプ「HMC8205」GaN MMICを発表した。この高集積アンプは、300MHz〜6GHzのスペクトラムに対応し、パルスや連続波(Continuous Wave)への対応が求められる無線インフラ、レーダ、移動無線機、汎用増幅試験装置などのシステム設計に役立つ。また、比類のない高集積、ゲイン、効率、広帯域を小型フットプリントで実現できるため、外部回路が最小限で済み、部品点数や基板スペースを削減できる。
 同製品は、全瞬時帯域幅で最大44%の電力付加効率(Power Added Efficiency)を実現して35Wを出力しつつ、単一のパッケージに、DCフィード/RFバイアス・チョーク、DC阻止コンデンサおよびドライバ段を組み合わせている。また、パルスと連続波の双方で動作する点は、他の類似製品に無い特長となっている。
 PSATは46dBm、利得は20dB、高PAEは38%、瞬時帯域幅は0.3〜6GHz、電源電圧はVDD 50V@1300mA。
 同製品はすでに量産中で、1000個受注時で469米ドル。

URL=http://www.analog.com/jp/about-adi/news-room/press-releases/2017/6-5-2017-analog-devices-wideband-gan-mmic-amplifier-offers-high-gain-power-efficiency-compact-design.html






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向