.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年6月7日

TI、産業用Ethernet通信の簡素化可能な新型SoC製品を発表

 米Texas Instruments(TI)社は2017年6月7日、コストに対して最適化されたEthernet通信機能の実現に役立つ、Sitara「AMIC」SoCファミリの新製品として、Sitara「AMIC110」SoC製品は、マルチプロトコル対応の産業用通信プロセサであり、Ethernetとフィールドバスの10種類以上の通信標準規格をサポートし、ただちに使用できるソリューションを提供する。このデバイスはTIの統一されたソフトウェア・プラットフォームProcessor SDKや、TIの産業用通信サブシステムであるPRU-ICSS(プログラマブル・リアルタイム・ユニット)の高いプログラマビリティを活用し、ファクトリ・オートメーションや制御のアプリケーションにおいて、各種の産業用通信をサポートする。
 「AMIC110」SoCは、開発者が、モーター・ドライブなどの既存のネットワーク未対応の製品設計に産業用Ethernet機能を追加することで、ネットワーク対応製品への変更に役立つ。「AMIC110」はPRU-ICSSを搭載し、EtherCAT、Profinet、Ethernet/IP、PROFIBUSのマスタ/スレーブ、HSR、PRP、POWERLINK、 SERCOS III、CANopen その他の、開発中も含めた数多くの異なるプロトコルをサポートする。市場がIndustry 4.0へ移行する中で、ハードウェア変更が最小限または不要で、より多くの通信標準規格をサポートする製品設計への道筋を、1個のプログラマブル・ソリューションが提供する。
 「AMIC110」は、1000個受注時の価格は6.75米ドル。

URL=http://newscenter.ti.com/2017-06-06-New-family-of-Texas-Instruments-SoCs-drives-down-cost-of-multi-protocol-industrial-Ethernet-communication


TI




 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向