.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年6月1日

オムロンと理研が「脳科学とAIの融合研究」向けに連携センターを設立

 オムロンと理化学研究所 (理研)は2017年6月1日、理化学研究所の理研脳科学総合研究センター (理研BSI) 内に「理研BSI-オムロン連携センター」 (RBOmC) を設立したことを発表した。同センターでは、「人と機械が共に社会の中で進化するための脳科学とAIの融合」について研究します。同研究では、「脳の活動」と人の体調や認知といった「身体の状態」との関係、そして「脳の活動」と人の感情や意志といった「心の状態」との関係を解明することで、脳科学とAIを融合した次世代技術の創出を目指す。
 また、オムロンおよび理研は、「産業連携深化に関する協力協定書」を締結し、さらなる社会的課題の解決に向け、「理研-オムロン連携協力委員会」を設置しました。組織対組織の包括的な連携を進め、よりよい社会づくりに貢献する研究を検討していく。 RBOmCでは、理研BSIが培ってきた「脳科学」や「脳科学からアプローチしたAIなど」に関する知見をオムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」と掛け合わせることで、「人と機械の融和」を実現する次世代技術の創出と更なる脳科学の進展を目指すと共に、その成果を社会的課題の解決につなげていく。
 具体的には、「機械が、個々人の状態や特性まで理解する技術」、「個々人の状態や特性に合わせて機械が、人にフィードバックする技術」、「個々人の状態や特性に合わせて機械が、機械を最適に制御する技術」の研究開発を進める。

URL=http://www.omron.co.jp/press/2017/06/c0601.html







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向