.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年5月29日

ローム、高速・低損失の新型600V SuperJunction MOSFETを発表

 ロームは2017年5月29日、低消費電力化が要求される白物家電や産業機器などのモータ駆動に最適な高速trrタイプ600V SuperJunction MOSFET「PrestoMOS」ファミリに新たに「R60xxMNxシリーズ」を加えたことを発表した。
  PrestoMOSは、業界最速クラスのtrr性能が特長のパワーMOSFETで、業界最小のスイッチング損失を実現している。インバータ搭載の白物家電の低消費電力化を実現することから非常に高い評価を得ている。
 今回、「R60xxMNxシリーズ」は、ローム独自のチップ構造で最適化を行うことにより、PrestoMOSTMの高速trr性能という特長を維持したまま、オン抵抗とQGの劇的な低減に成功した。これによりインバータ搭載エアコンなどモータ駆動のアプリケーションにおいて、従来のIGBTと比較し、軽負荷時の電力損失を約56%低減させ、劇的な省エネ化に貢献する。

URL=http://www.rohm.co.jp/web/japan/news-detail?news-title=2017-05-29_news_prestomos&defaultGroupId=false










 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向