.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年5月25日

パナソニック、Si系太陽電池モジュールで出力温度係数「-0.258%/℃」達成

 パナソニックは2017年5月24日、エコソリューション社が開発したシリコン(Si)系太陽電池モジュールの出力温度係数において、量産レベルとして世界最高水準となる-0.258%/℃を達成したことを発表した。
 これまでの同社の出力温度係数は-0.29%/℃であったが、今回、量産レベルで、0.032ポイント上回るという技術向上を達成し、ヘテロ接合型太陽電池の温度特性の良さがあらためて実証した。
 太陽電池を実装するモジュールは、温度が上昇すると変換効率が低下するため、出力が低下する。その低下度合いを表した指標が出力温度係数である。一般的なシリコン系太陽電池の出力温度係数は−0.50%ですが、これはモジュール温度が1℃上昇することで変換効率が0.50%低下することを意味している。例えば、夏季に想定されるモジュール温度(75℃)では、変換効率が25℃時より25%低下することになるが、出力温度係数を改善した当社モジュールは、変換効率の低下を約半分に抑えることができる。
 HITの特長の1つである変換効率(定格)とこの温度特性を合わせることで、75℃時の変換効率は一般的なシリコン系に比べて46%向上するため、太陽電池が弱いとされる夏場でもしっかり発電することが可能となる。今回の成果はHITの最大の特長である独自のヘテロ接合技術の改善をさらに進化させたことで実現したものであり、関連技術は商品に導入している。

URL=http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/05/jn170524-1/jn170524-1.html










 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向