.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年5月25日

ルネサスのR-CarスタータキットがAutomotive Grade Linuxに採用

 ルネサス エレクトロニクスは2017年5月24日、R-Carスタータキットが、Linuxベースの車載情報機器のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linuxのソフトウェア開発用標準リファレンスプラットフォームの1つに採用されたことを発表した。これにより、同プロジェクトが開発したソフトウェアを動かすハードウェア環境を容易に入手可能となり、コネクテッドカー時代に向けて、IVI(In-Vehicle Infotainment)用アプリケーションソフトウェアを、早期に、容易に開発できる。
 R-Carスタータキットは、すでにAGLプロジェクトが2017年1月にリリースしたLinuxのUnified Code Base(UCB)3.0に対応しており、64ビットソフトウェア環境のため従来の32ビット環境に比べて、コンテナ技術など最新のIT向けソリューションを、シームレスに車載向けへ応用可能となる最新の開発環境となる。
 また、このたびR-Carスタータキットと組み合わせて使用するIVI開発用拡張ボード2種類が7月より発売されるも発表した。拡張ボードのスタンダードモデルは、マルチディスプレイや各種ネットワーク用インタフェースを搭載、さらにアドバンスドモデルは、最大8チャンネルのカメラ入力や高速/大容量のストレージを拡張できるインタフェースを装備している。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2017/news20170524.html










 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向