.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年5月19日

ST、PDM/PCM変換デジタル・フィルタ内蔵の新32ビットマイコンを量産

 スイスSTMicroelectronics社は2017年5月9日、超低消費電力32ビット・マイコンである「STM32L45x」の量産を開始したことを発表した。
 今回発表した「STM32L451」、「STM32L452」および「STM32L462」は、DFSDM(Digital Filter for Sigma-Delta Modulators)を搭載しており、ノイズ除去や音の方向検出などの先進的なオーディオ機能を低コストのマイコンで実現することができるようになっている。また、フラッシュメモリ(最大512キロバイト:KB)とSRAM(160KB)を内蔵しているため、大容量のコードやデータを保存することができる。  また、真乱数発生器(True Random-Number Generator:TRNG)も搭載しており、ネットワーク接続されるスマート機器など、セキュリティ重視のアプリケーションの開発を効率化する。さらにSTM32L462は、AES-256暗号化用ハードウェア・アクセラレータを搭載しているため、セキュアな製品の開発を、さらに強力にサポートすることができる。
 その他にも、12ビット ADコンバータ(5Msps)、内部電圧リファレンス、超低消費電力コンパレータなどのアナログ・ペリフェラルが含まれている。また、モータ制御用を含む複数のタイマ、温度センサ、静電容量式センサ・インタフェースを搭載しているほか、STM32L452には水晶発振子無しで動作するUSB2.0インタフェースも内蔵されている。
 新マイコンは、処理能力を示すEEMBC CoreMarkスコアは、その他の超低消費電力プロセサを大きく上回る273を実現、低消費電力性能のベンチマークであるULPBenchスコアは245という優れた電力効率を証明している。アクティブ・モード時の消費電流がわずか36μA/MHzとなっている。
 STM32L45xは現在入手可能で、超小型のWLCSP(3.36×3.66mm)をはじめ、QFN-48およびLQFP-100などの小型パッケージで提供される。STM32L451CCU6(QFN-48パッケージ、フラッシュメモリ:256KB、SRAM:160KB)の参考サンプル価格は、約2.773米ドル。

URL=http://www.st.com/content/st_com/en/about/media-center/press-item.html/n3890.html











 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向