.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年5月8日

富士通のデバイスソリューション事業、16年度は減収、大幅減益

 富士通は2017年4月28日、2016年度(2017年3月期)業績を発表した。同年度の全社業績は、売上高が前年度比4.8%減の4兆5096億9400万円、営業利益は同6.8%増の1288億6100万円、純利益は同2.0%増の884億8900万円となった。
 売上高減は円高による減収が主な原因で、為替の影響を除くとほぼ前年度並みとなった。国内売上高もほぼ前年度並みで、スマートフォン市場の買換えサイクルの長期化の影響による携帯電話の出荷台数減少、スマートフォン向けのLSIの所要低下という減収要因があった一方、サービスはシステムインテグレーション、インフラサービス共に堅調に推移したのに加え、法人向けパソコン、モバイルウェアが増収となった。
 営業利益は1288億円と、前年度比82億円の増益となりました。デバイスソリューションは、LSIの所要低下、為替の円高影響により減益となった。一方、ユビキタスソリューションが、法人向けパソコンおよびモバイルウェアの増収効果に加え、パソコン、携帯電話においてコストダウンと費用効率化が進みんだことから、連結合計では増益となった。
 デバイスソリューション事業の業績は、売上高が同9.9%減の5443億円、営業利益は同86.0%減の42億円に減少した。売上高のうち、LSI売上高は同14.4%減の2694億円となった。地域別では国内向けが同14.6%減の2472億円、海外は同5.5%減の2970億円となった。
 利益面では、LSIがスマートフォン向けを中心に需要が低迷した影響に受けたことに加え、LSI、電子部品ともに円高進行による減収影響を受けた。また、電子部品において、国内外の生産拠点の再編費用40億円を計上したも減益につながった。
  2017年度は売上高が同0.8%減の4兆1000億円、営業利益は同57.5%増の1850億円、純利益は同63.9%増の1450億円と予想している。デバイスソリューション事業は、売上高が同2.9%増の5600億円、営業利益は約2.3倍増(129.1%増)の140億円にまで回復することを見込んでいる。

URL=http://pr.fujitsu.com/jp/ir/finance/2016/







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向