.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月17日

大日本印刷、ナノインプリント技術を応用した光学素子の量産開始

 大日本印刷は2017年4月17日、静脈認証機能搭載のタブレット端末などに使用できる小型光源用として、ナノインプリント技術を応用した微細な凹凸構造によって赤外線などの照射光を整形できる光学素子を量産する技術を開発したことを発表した。今回量産に成功した光学素子は、小型化に対応可能という特長を活かして、富士通のスライド式静脈認証機能搭載のタブレット端末「ARROWS Tab Q507/P-SP」に採用されている。
 光を整形する技術としては回折光学素子(Diffractive Optical Element : DOE)がありますが、この技術の適用で、照射する光の向きや強さ、照射パターン形状を設計・調整することが可能となる。今回ナノインプリント技術で量産化した光学素子を用いることにより、今後、各種光学センシングデバイスや照明装置の性能向上、効率改善、小型化などへの展開が期待できる。
 静脈認証などに利用する赤外線の光をコントロールするには、光学素子の凹凸を深くする必要がある。また光を整形して効率を高めるためには、適宜、凹凸パターンのピッチ(幅)を狭くしたり、階段状に加工したりする必要がある。このような深くて細い形状や階段形状を作り出すのは難易度が高く、金型加工や量産における高いナノインプリント技術が必要となる。DNPは今回これらの課題を解決することで、富士通株式会社と株式会社富士通研究所が技術開発したスライド式静脈認証機能に搭載される光学素子の量産を可能になった。
 大日本印刷はナノインプリントの基本技術を自社で開発・保有しており、金型加工〜ナノインプリント〜材料設計といった各工程間の製造プロセスを最適に企画・設計することができる。また、回折光学素子(DOE)の新規開発の際、顧客企業が指定する種々の光照射パターンに対応するために必要な光学設計技術も自社で保有しています。DNPはこれらのナノインプリント技術、光学設計技術の組み合わせで、要求特性に対する“合わせ込み”を最適に行うことができ、レーザー光源やLEDなどの各種光源に対応したDOEの設計・製造を可能としている。
 DOEは、特定の波長の光を所定の形状、分布に配光できるほか、回折パターン層が数μmの厚みのため、光学素子を薄く小さくすることができる。これらの特徴により、光照射の効率化、センシングの高精度化、照射光源の小サイズ化に寄与する。
 大日本印刷はナノインプリント技術の活用により、IoTや自動化に不可欠なセンシング分野での事業開発に注力していく。それにより、今回の製品および「DNPナノインプリントソリューション」の関連商材の販売で、2021年度には年間80億円の売上を目指す。

URL=http://www.dnp.co.jp/news/10134125_2482.html


DNP




 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向