.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月17日

AutoroadとST、革新的な車載用レーダー・ソリューションを展示

 スイスSTMicroelectronics社は2017年4月5日、中国のミリ波レーダー・システムの主要サプライヤであるBeijing Autoroad Technology社とともに、中国・重慶で開催されたInternational Automotive Technology Expo(Auto Tech 2017)において、革新的な車載用レーダー・ソリューションを展示した。
 今回Autoroadは、Auto Tech 2017において、STの先進的な77GHz車載用レーダーICを搭載したモジュールおよびソリューションを展示した。さらに、79GHz合成開口レーダを使用した、革新的なレーダー・イメージング技術を発表した。  Autoroadが中国で初めて開発した77GHzレーダ・ソリューションは2015年に発売された。Auto Tech 2017で展示されたソリューションは、STの車載用レーダICを搭載した第2世代品。STの最新の77GHz車載用レーダICは、高集積かつ小型サイズで、マルチ・チャネル・アーキテクチャによる高い物体認識性能と優れた分解能を備えており、あらゆる天候下での前方車接近警報、アダプティブ・クルーズ・コントロール、自動緊急ブレーキなどの安全機能に適している。STとAutoroadの協力に基づくこのソリューションは、優れた ドライビング体験と高い信頼性を実現する。
 また、Autoroadは79GHz合成開口レーダーを使ったイメージングにおいて飛躍的な進歩を達成した。同社は、広帯域信号によって得られる距離分解能と、自動車の相対的な動きを用いて生成される方位分解能を組み合わせ、雨や雪、霧などのあらゆる天候下や極めて暗い環境においても物体の検出と認識が可能な新しいアプローチを実証した。
 この合成開口レーダ技術は、STの79GHz車載用レーダーICを採用しており、レーダと対象物間の相対的な動きを利用して、高解像度の2Dおよび3Dイメージを取得することができる。これにより、天候や明るさに関わらず、周辺の自動車や歩行者などの対象物の検出・認識・位置検知・サイズ推定などが可能になる。

URL=http://www.st.com/content/st_com/en/about/media-center/press-item.html/t3945.html







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向