.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月12日

ローム、13直列セル対応 リチウムイオン電池監視LSIを発表

 ロームは2017年4月12日、市場が拡大する電動自転車や電動バランス車、電動カートなど、LEVのリチウムイオン電池パックに最適な13直列セル対応リチウムイオン電池監視LSI「ML5245」を開発したことを発表した。
 ML5245は、最大13直列セルまで対応し、マイコンによる制御を必要としない スタンドアロンタイプの電池監視LSI。専門的で工数のかかるマイコンのプログラム開発を不要にできるため、電池パックの開発を容易にし、ユーザの製品の開発期間短縮に貢献する。また、電池監視LSIの基本機能に加えて、温度検出機能と充放電用FET(NMOS-FET)の過熱防止機能、放電用FETの強制OFF機能、セル電圧読み出し機能の4つを追加しており、電池監視だけでなく周辺回路の機能も取り込むことで、システムの信頼性、電池パックの安全性をさらに高める。さらに、長期保管時の電池消耗に影響するパワーダウン時の低消費電流0.1μAも実現している。
 セルモジュールに設置された温度センサからモジュール内の温度を直接検出し高温/低温状態を監視保護する機能を搭載した。これらの検出機能は、マイコンによる制御無しで、充放電用FETのON / OFFを制御することが可能となっている。
 電動自転車などでは30A 〜 50Aを超える大電流が電池パック内に流れることがあるため、充放電用 FETのボディーダイオード注1の過熱対策に、FETの複数並列接続 (放熱対策用 FET)を実施しており、実装面積、コストが増大するという課題がありました。「ML5245」は充放電用 FETのボディーダイオードに一定量以上の電流が流れるとFETがONする機能を内蔵することで過熱を防止し、放熱対策用FETを不要にします。
 リチウムイオン電池パック以外のシステムに異常が発生した場合、電池パックを安全に停止する必要がある。これに対し、外部マイコンなどから信号入力させ、放電制御用 FETを強制的にOFFさせる機能を追加した。
 なお、本LSIは2017年4月からサンプル出荷(サンプル価格 800円)を開始し、2017年7月より月産10万個の体制で量産を行う予定。生産拠点は、前工程がラピスセミコンダクタ宮崎株式会社 (宮崎県)、後工程が ROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltd.(タイ) になる。

URL=http://www.lapis-semi.com/jp/company/news/news2017/r201704_1.html


rohm






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向