.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月12日

ソニー、車載カメラ向け高感度1/2.7型245万CISを商品化

 ソニーは2017年4月12日、LED標識や信号機などの撮影時に起こるLEDのちらつき(LEDフリッカー)を抑える機能と、120dBの広いダイナミックレンジでの撮影を実現するHDR機能を搭載している車載カメラ向け高感度1/2.7型245万画素CMOSイメージセンサ「IMX390CQV」を発表した。  LEDフリッカー抑制機能とHDR機能の同時利用を可能にしたイメージセンサーの商品化、ソニー独自の画素構造と露光方法により実現した。また高感度特性により、月明かりに相当する低照度0.1ルクスの環境下でも高画質なカラー映像の撮影が可能となっている。
 IMX390CQVはサンプル出荷は2017年5月に開始する予定。サンプル価格は5000円。量産出荷は2018年3月を予定している。 IMX390CQVは、自動車向け電子部品の信頼性試験基準「AEC-Q100 Grade2」を今年度中に満たす予定。さらに、当社としては初めて自動車向け機能安全規格「ISO26262」に準拠した開発プロセスを導入し、車載向けとしての高い設計品質を実現しているほか、機能安全要求レベル「ASIL C」に対応している。車載用として求められるこれらの基準と品質に対応することで、先進運転支援システム(ADAS)向けの前方センシングカメラや、今後バックミラーの代わりとして車への採用拡大が予想される「カメラモニタリングシステム(CMS)」といった車内モニターに人物や障害物を明瞭に映し出す用途としても適している。
 本イメージセンサーは、独自の画素構造と露光方法により、LEDフリッカー抑制機能とHDR機能を同時利用できる。LED標識や前後方車のLEDランプを正確に認識しながら、かつトンネルの出入り口などの明暗差の大きな環境でも黒潰れや白飛びのないダイナミックレンジの広い映像の撮影が可能となる。 また、目に見えない速さで点滅を繰り返すLEDの特性上、一般的なCMOSイメージセンサでLEDの光を撮影した場合に、高い確率でLED特有のちらつき(LEDフリッカー)が生じた映像となり、信号機や周囲の自動車を正しく認識できない問題が起こる場合がある。そこで本イメージセンサでは、LEDの点滅の影響を受けないよう、イメージセンサの露光時間をLEDの点滅周期よりも長くすることで、LEDフリッカを抑制する。
  また、本イメージセンサは、フォトダイオードで得られた電子信号を電圧信号へ変換する際の効率を高めた回路を搭載し、200万画素クラスの車載カメラ向けイメージセンサーにおいて従来比約1.5倍の最高感度を実現した。これにより、月明かりに相当する低照度0.1ルクスでも高画質なカラー映像が撮影でき、障害物や人物などの画像を捉えることが可能となる。  ユニットセルサイズは3.0μm×3.0μm、フレームレートはFull-HD1080p、AD10bit、60fps, AD12bit 40fps。感度(標準値 F5.6、1/30秒蓄積)は1953mV(Green Pixel)。 パッケージは96ピン P-BGA、パッケージサイズは10.0mm×10.6mm。

URL=https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201704/17-034/index.html


sonycis






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向