.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月11日

2016年の半導体フォトマスク販売額は33億米ドル

  SEMIは2017年4月10日、2016年の半導体フォトマスクの世界市場が33億2000万米ドルとなり、2018年には35億7000万米ドルに達することが予測されると発表ました。フォトマスク市場は2015年に前年比1%増、2016年には同2%増の成長を遂げ、2017年には同4%増、2018年には同3%増の成長を見込んでいる。
  フォトマスク市場をけん引しているのは、45nm未満の微細プロセス、地域的には半導体の製造が拡大するアジア太平洋地域となっている。台湾が6年連続で最大市場となり、今回の予測の範囲においても最大市場となることが予測されている。
 33億2000万ドルの2016年フォトマスク販売額は、ウェーハプロセス材料市場の13%を占め、Siウェーハとガスに次ぐ規模となっている。過去との比較では、2003年のウェーハプロセス材料市場に占めるフォトマスクの比率は18%であった。
 もうひとつの注目されるトレンドは、内製マスクショップの重要性が高まっていることがあげられる。2011年から2012年にかけての集中的な設備投資で弾みをつけ、その後も内製マスクショップは外販マスクサプライヤに対して市場シェアを拡大した。全フォトマスク市場において2015年の56%から昨年は63%を占めるに至っている。2003年のフォトマスク市場に占める内製マスクショップの比率は31%であった。

URL=http://www.semi.org/en/semi-reports-2016-semiconductor-photomask-sales-33-billion









 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向