.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月11日

ルネサス、IoT末端へのAI技術実装を開発

  ルネサス エレクトロニクスは2017年4月11日、IoT末端となるエンドポイントに人工知能技術を実装する「e-AI(embedded-Artificial Intelligence)」を注力技術のひとつと位置づけ、マイクロコントローラ(MCU)、マイクロプロセサ(MPU)にAIを搭載するソリューション開発に取り組んでおり、今回、ディープラーニング(深層学習)結果をエンドポイントの組み込み機器に実装する新機能を開発、e-AIソリューションの第一弾として提供開始することを発表した。具体的には、オープンソースであるEclipseベースの統合開発環境「e2 studio」に対応したプラグインとして、機能限定版を本年5月末、正式版を本年6月末より提供を開始する計画である。
 e-AIを実現するソリューションの新機能は、(1)オープンソースの機械学習/ディープラーニングフレームワークであるCaffeならびにTensorFlowの学習済みニューラルネットネットワーク情報をMCU/MPU統合開発環境でビルド可能な形式へ変換する「e-AIトランスレータ」、(2)e-AIトランスレータの出力結果から、実装候補として選択したMCU/MPUの情報に基づきROM/RAM実装サイズとAIの推論実行処理時間の算出を行う「e-AIチェッカ」、また、(3)リアルタイム性能や省リソース設計を可能にするディープインサイト株式会社などが提供する組み込みシステムに特化した新AIフレームワークをルネサス製MCU/MPUにつなぐ「e-AIインポータ」の3つから構成される。
 新e-AIソリューションを採用することによりユーザは、グローバル市場で広く利用されているMCU/MPU統合開発環境e2 studioと、実績ある複数の機械学習/ディープラーニングフレームワークとがつながり、 RZファミリ、RXファミリ、RL78ファミリ、Renesas SynergyTM マイクロコントローラといったルネサス製MCU/MPU上で様々な学習結果であるAIの実行が可能になる。
 さらに(1)と(2)は、同時にWebコンパイラでの開発環境にも対応する。ユーザは、これらのMCU/MPUを搭載したパートナ製の小型電子工作ボード、「GR-PEACH」「GR-KAEDE」「GR-SAKURA」「GR-LYCHEE(年内販売開始予定の新製品)」を活用することで、試作から量産まで、e-AIを搭載したIoT製品のグローバル市場への早期投入を実現する

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2017/news20170411a.html


RENESASeAI
ルネサスが開発したe-AIソリューション第一弾





 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向