.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年4月6日

ON Semiconductor、ハイエンド防犯カメラ向け高性能CISを発表

 米ON Semiconductor社は2017年4月4日、防犯・監視カメラをターゲットにした、2.2μm裏面照射(BSI)ピクセル技術に基づくCMOSイメージセンサ(CIS)「AR0521」を発表した。
 AR0521は、2592xのアクティブピクセルアレイを備えた小型オプティカル・フォーマット1/2.5インチ(7.13mm)、5メガ・ピクセル(MP)のデジタル・イメージセンサ。このセンサは、ローリングシャッター方式の読み出し技術を用いてリニアまたはハイダイナミックレンジ(HDR)モードで画像をキャプチャする。ビニング、ウィンドウイング、ビデオモード、シングルフレーム・モードなどの精巧なカメラ機能が含まれている。
 この高度なイメージング・ソリューションAR0521は、8、10、12ビット出力を選択でき、16:9ビデオ向け1440pモードにより、5MPで毎秒60フレーム(fps)の優れたビデオ性能を達成している。一般的に防犯カメラの重要な要件である優れた低照度性能は、主に大きな2.2μm BSIピクセルにより、小さなピクセルと比較して高いリニア・フルウェルと低いノイズ量を実現している。
 また、電子式のローリングシャッターおよびグローバルリセット解除の両方の機能を組み込み、マルチカメラ(ステレオ)サポートのための高度な水平同期制御が可能となっている。AR0521は、統合型のカラーおよびレンズ・シェーディング補正、デジタルゲイン、ダイナミック欠陥補正など精巧なデジタル処理機能により機能強化されているため、非常に鮮明でシャープな画像を生成する。
 AR0521は主に遠隔ビデオ監視カメラでの使用を目的とし、10ビット出力で60fpsのフル解像度で動作する場合でも、消費電力を非常に低く抑えている。動作温度−30℃〜85℃により、厳しい屋外環境でも本製品を問題なく使用できる。   AR0521は、現在、mPLCC(12 x 12 mm)パッケージで出荷中。

URL=http://www.onsemi.jp/PowerSolutions/newsItem.do?article=3788







 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向