.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月23日

村田製作所、I.H.P. SAW技術を用いた高性能ISM2.4GHzフィルタを発表

 村田製作所は2017年3月23日、村田製作所はこのたび当社独自の新しいSAW技術(I.H.P. SAW)を採用し、従来に比べて高い急峻性、低損失、安定した温度特性を実現したWi-Fi(ISM2.4GHz)用SAWフィルタを発表した。2017年6月より量産を開始する。サイズは1.1×0.9mm。
 2.4GHz帯付近にBand7/30/40/41などの多数のLTEバンドが運用されるようになっており、これらLTEバンドとの相互干渉を防ぐために、Wi-Fi用フィルタにはより急峻かつ低損失なフィルタ特性や安定した温度特性が要求されている。同社では、独自のI.H.P. SAWの採用により、従来よりも効率的にSAWエネルギーを伝播することで、既存BAW技術を凌駕するトータル特性(急峻性、低損失、温度特性)を備えたWi-Fi(ISM2.4GHz)フィルタを実現している。

URL=http://www.murata.com/ja-jp/about/newsroom/news/product/filter/2017/0323



 





 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向