.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月23日

TI、高効率と高放射妨害耐性の電源内蔵強化絶縁アイソレータを発表

 米Texas Instruments(TI)社は2017年3月22日、絶縁型電源を内蔵し、既存の統合型デバイスと比較して80%高い効率を提供する、新しいワンチップ強化絶縁アイソレータ「ISOW7841」を発表した。同製品は、業界最高の電力伝送効率、最小の放射妨害、最高の耐性を備え、FA、グリッド・インフラストラクチャ、モータ制御、絶縁型電源やテスト・計測機器をはじめとした産業用システムの高信頼動作をサポートする。
 「ISOW7841」は、業界最小クラスの消費電力で、動作温度を最大40℃低減し、その他の統合ソリューションと比較して、より高電力の伝送、より多いチャネル数(3本の順方向と1本の逆方向の、合計4チャネル)、より長いシステム寿命を提供している。また、強化絶縁とDC/DC変換の両機能を単一パッケージに集積、マルチチャネルのシステム設計で基板実装面積を縮小、コストを削減。システムの信頼性の向上と寿命の延長に役立つ1kVrmsの動作電圧を提供。また、3V〜5.5Vの入力電圧をサポートし、かつ、業界最高の0.65Wの出力電力を提供する  さらに10dB以上低い放射妨害に抑えるとともに、IEC(国際電気標準会議)の静電気放電と電気的高速過渡現象を規定した61000-4-x 標準規格の各要件に準拠した、堅牢な電磁適合性を提供することで、システムのシグナル・インテグリティを向上している。
 ISOW7841は、16ピンSOICワイドボディ・パッケージで供給される。このデバイスは、Lowレベル・フェイルセーフまたはHighレベル・フェールセーフの2品種が供給される。1,000個受注時の単価(参考価格)は5.50米ドル。
  「ISOW7841」は、「ISOW78xx」製品ファミリの最初のデバイスであり、2017年内に、複数のデバイスが発表される予定です。これらの新型デバイスは、最高の絶縁定格、信頼性、耐性や性能をサポートするTIのアイソレーション製品ポートフォリオに追加される。

URL=http://newscenter.ti.com/2017-03-22-Reinforced-isolator-with-integrated-power-offers-industrys-highest-efficiency-lowest-emissions



 





 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向