.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月15日

新日本無線、外付け移相器が不要な広帯域FM-IF検波ICの量産開始

 新日本無線は2017年3月15日、外付け移相器が不要で、各種音声通信に最適な広帯域FM-IF検波IC「NJW2311」の量産を開始したことを発表した。  NJW2311は、4.5V以上で動作する1.5MHzから15MHzのIF信号を自動的にFM復調するICで、従来は外付け部品として必要であった移相器を不要とする。IFアンプ、FM復調およびローノイズのオペアンプ機能を内蔵し、優れたS/N比および歪率特性を実現しており、各種音声通信に最適となっている。
 また、外付け移相器を使用しない回路構成で4.5VからでもS/N比:80dB,THD:0.015%と業界最高レベルの優れたS/N比ならびにTHD特性を実現している。さらに低雑音オペアンプを音声出力用信号増幅プリドライバーに使用する事によりFM復調で優れたS/N比を確保している。また、ユーザの希望する出力が得られるよう、オペアンプの増幅率は外付け抵抗で任意に設定する事が可能となっている。消費電流は23mA(typ.)。
 サンプル価格は250円となっている。

URL=http://www.njr.co.jp/products/press2017/NJW2311.html



 





 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向