.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月14日

STの半導体ソリューションを、任天堂が「Nintendo Switch」に採用

 スイスSTMicrolectronics社は2017年3月14日、モーション・センサ、タッチスクリーン制御IC、32ビット・マイクロコントローラ「STM32」およびNFC制御ICを含むSTの先進的な半導体ソリューションが、任天堂の新型ビデオゲーム機「Nintendo Switch」に採用されたことを発表した。
 Nintendo Switchは、ゲーム機本体と、「Joy-Con」と呼ばれる取り外し可能な2つのコントローラ、Joy-Con充電グリップ、本体用ドックなどで構成されている。  STの6軸慣性センサはNintendo Switchのゲーム機本体およびコントローラに搭載されておとりプレイヤーのさまざまな動きをゲーム操作に反映させる。この慣性センサは、6軸の慣性測定ユニットで構成されており、超小型パッケージ(2.5 x 3 x 0.86mm)で提供されている。このセンサはノイズ・レベルが低く検出精度と分解能が向上している。また、非常に低い消費電力がバッテリ駆動時の長時間動作に貢献している。
 STの静電容量型タッチスクリーン制御ICは、高感度のタッチ検出、低消費電力を特徴としている。アナログ・フロントエンドとマイコン・コアをベースとするDSPを統合した製品で、マルチ・タッチと、高速なレポート・レートを実現しています。この製品は、さまざまな静電容量方式のタッチパネル材質やスタックアップ構造に合わせた柔軟な設計を可能にするとともに、タッチフィーリングの要件に合わせた設定が可能となっている。
 また、Nintendo Switch には、32ビットマイコン STM32が3品種採用されている。「Joy-Con」には、小型かつ高性能なSTM32マイコンが搭載されており、モーションIRカメラならびにNFC機能を制御している。また、低消費電力のSTM32マイコンが、コントローラ装着用のJoy-Con充電グリップに搭載されており、信号処理を行うと共に、バッテリ消費の低減に貢献している。さらに、本体用ドックの電源制御には、別のSTM32マイコンが採用されている。
 「Joy-Con」ならびに「Nintendo Switch Proコントローラ」には「amiibo」との非接触通信を実現するためのSTのNFC制御ICを搭載している。

URL=http://www.st.com/content/st_com/en/about/media-center/press-item.html/t3934.html


  






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向