.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月13日

ルネサス、産業ネットワーク機器の開発を加速する新プロセサを発売

 ルネサス エレクトロニクスは2017年3月13日、新しい産業ネットワーク用通信プロセッサ「RZ/Nシリーズ」3品種を開発した。日本国内では2017年8月から順次サンプル、ソリューションキットの出荷を開始する。
 新製品は、ネットワークスイッチ、ゲートウェイ、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、オペレータターミナル、リモートI/Oユニットなどの産業ネットワーク機器に向けたもの。(1)当社独自のイーサネット通信用IPであるR-INエンジンと、5ポートのイーサネットスイッチの内蔵により主要な産業ネットワークプロトコルおよび冗長ネットワークプロトコルにワンチップで対応、(2)OS環境などのエコシステムに加え、業界をリードするパートナによるネットワークプロトコルスタックを統一してサポートする汎用APIの提供により、ユーザのソフトウェア開発を支援、(3)ハイエンド向けの「RZ/N1Dグループ」、ミッドレンジ向けの「RZ/N1Sグループ」、ローエンド向けの「RZ/N1Lグループ」の3種類のラインアップでスケーラビリティを提供、といった特長を有している。  新製品の採用によりユーザは、様々な産業ネットワークプロトコルと冗長ネットワークプロトコルに対応する機器の開発期間を短縮することが可能になる。
 RZ/N1SグループとRZ/N1Lグループのサンプルおよびソリューションキットを2018年前半に提供開始する計画。サンプルソフトウェアとプロトコルスタックは評価ボードとともに提供される。ソフトウェアパートナから提供されるプロトコルスタックは、2017年の後半より提供予定となっている。
  新製品の特長の詳細は以下のとおり。
  RZ/N1Dグループはネットワークスイッチ、PLC、ゲートウェイなどのハイエンドアプリケーションに適している。RZ/N1SグループはナノPLCやオペレータターミナルなどのミッドレンジアプリケーションに適している。RZ/N1Lグループは主に産業機器の通信部およびリモートI/Oユニットなどのスレーブ機器のアプリケーションに重きを置き、コンパクトで低コストな機器開発が可能。

URL=https://www.renesas.com/ja-jp/about/press-center/news/2017/news20170313.html


 renesas 






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向