.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月9日

三菱電機、HEV用超小型SiCインバータを開発

 三菱電機は2017年3月9日、フルSiCパワー半導体モジュールと高放熱構造の採用により、世界最小クラスとなる体積5L(リットル)、電力密度86kVA/Lを実現した「HEV用超小型SiCインバータ」を開発したことを発表した。HEVの車内空間の拡大やインバーター配置の自由度向上に加え、燃費向上にも貢献します。本開発技術は、EVなどにも適用可能となっている。  同製品は、フルSiCパワー半導体モジュールの採用により電力損失を低減し、インバータの小型化の実現とHEVの燃費向上に寄与している。また、パワー半導体モジュールと冷却器をはんだで接続する高放熱構造によりインバーターを小型化しつつ、長期信頼性を確保している。
 同社では今後、量産化に向けた開発を行い、2021年度以降の事業化を目指す。
 なお、今回のSiCインバータ開発の一部は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託研究として実施したものである。

URL=http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2017/0309-a.html


mitsubishi  






 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向