.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月8日

大日本印刷、コンビニ向けの低価格ICタグの開発に着手

 大日本印刷は2017年3月6日、IoTに対して、低価格なUHF帯ICタグ(RFID)の開発に着手することを発表した。2020年までに単価5円以下、2025年に1円のICタグの実現を目指す。
 低価格のためチップの小型化を進める。現在、RFIDに搭載されているICチップの大きさは0.5mm角だが、2020年までに、ICチップメーカーと共同で0.3mm角サイズのICチップを開発し、このICチップを搭載したRFIDの製品化を行っていく。
 現在、店舗での消費・賞味期限チェック作業の効率化や、レジの自動化による業務の省力化などの実現を目指してRFIDの導入を検討しており、2017年2月にはコンビニの店舗で商品にRFIDを付けた実証実験を実施している。さらに、小売業界の他にもIoTによる業務効率の一環で、RFIDを使用したいというニーズがある。しかし、現在のRFIDの価格帯は10円台で、そのコストが導入の障壁となっている。
 こうした状況に対して大日本印刷は、2020年までに単価5円以下、2025年に1円のRFIDの実現を目指して、部材や製造方法の最適化による、低価格なRFIDの開発に着手することにした。

URL=http://www.dnp.co.jp/news/10132735_2482.html


DNP1





 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向