.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年3月3日

ソシオネクスト、OpenVX対応ハードウェア・アクセラレータ搭載GDC発表

 ソシオネクストは2017年3月3日、高性能グラフィックス・ディスプレイ・コントローラ(GDC)の第4世代となる「SC1810」シリーズを開発したことを発表した。SC1810は当社が豊富な実績を持つ車載ディスプレイシステム向けグラフィックス機能をさらに 強化するとともに、Khronos Group) のコンピュータ・ビジョン向け標準API「OpenVX」に対応するハードウェア ・アクセラレータを搭載した。車載システムのほか、家庭用・産業用のさ様々な組込機器向けに高性能で低消費電力な画像認識ソリューションを提供する。SC1810のサンプル、およびソフトウェア開発キット(SDK)は2017年4月から提供を開始する。
 同製品は3D画像処理性能を従来品比で5倍に向上させた高精細なグラフィックス機能に加え、6チャンネルのFull HDビデオ入力、3チャンネルのFull HDディスプレイ出力に対応し、多彩な入出力制御を可能にした。車内外のさまざまな情報を管理し、複数ディスプレイへの表示を一元的に制御する「統合HMI (Human Machine Interface) システム」をより高精細・高画質な画像で実現する。
 これに加えて、API「OpenVX」に対応する当社独自開発のビジョン・プロセッサ・ユニット (Vision Processor Unit:VPU)を搭載した。同製品のVPUにはプログラム可能な「データ並列アクセラレータ」と共にOpenVX対応の「ハードウ ェア・アクセラレータ」が含まれ、画像認識に必要なコンピューター・ビジョン処理を高速・ 低消費電力で実現する。
 当社ではこれまで、グラフィックス・ディスプレイ・コントローラをベースとしたソリューションとして、車両の全周囲を自由な視点かつ立体的な映像で確認できる全周囲立体モニタシステム「OMNIVIEW」や、 カメラ画像の分析により自転車や歩行者などの接近物をドライバーに知らせる「接近物検知機能」を提供してきた。
 SC1810は専用VPUの搭載 により、これらの機能・性能を向上しつつ画像認識機能を拡張できるようになった。さらに 、複数チャネルのカメラ映像を同時に処理できるH.264コーデックも搭載しており、急速に普及しているドライブレコーダの全周囲録画に対応する。 OpenVXは、ハードウェアベンダにより実装されることを前提としたオープン標準なAPIで、コンフォーマンス・テストが準備されており、商用利用に最適なプラットフォーム。すでにニューラルネットワークへの拡張仕様もリリースされており、今後コンピュータ・ビジョンを必要とする幅広いアプリケーションを牽引するAPIになると考えられます。
 当社はOpenVXに対応したSC1810により、車載向けはもとより、家庭用・産業用のさまざまな組込み 機器向けに画像認識を始めとするコンピュータ・ビジョン分野の幅広いソリューション提供が可能になった。

URL=https://www.socionext.com/jp/pr/sn_pr20170302_01j.pdf








 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向