.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年2月24日

ギガフォトン、EUVパイロット光源でミラー長寿命化の新技術を発表

 ギガフォトンは2017年2月24日、現在開発中のEUVスキャナー用レーザー生成プラズマ(LPP)光源について、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成プログラムの成果である、最先端半導体量産ラインでの稼働を想定したパイロット光源において、同社の新規独自開発技術である、磁場を使ったデブリミチゲーション(残余物除去)が、集光ミラーの長寿命化に効果的であるということを実証したと発表した。
 EUV光源装置では、高輝度のEUVプラズマから発生する光を集光し、露光装置に伝送する集光ミラーが不可欠だが、高出力運転時ではこのミラーが発光時のターゲットであるスズ(錫)に汚染されるため、集光ミラーの耐用時間が非常に短いということが、実用化への大きな障害となっていた。今回ギガフォトンは、同社の特許登録済技術である磁場を使ったデブリミチゲーション技術を、100Wレベルの運転にて、量産工場対応EUVリソグラフィ用パイロット光源に搭載した実験で、集光ミラーの寿命延長効果(反射率低下率:0.5%/Billion pulse以下)を確認した。このデータは、従来連続運転で数週間が限界であった集光ミラーの耐用時間が延長できる可能性を示唆している。

URL=http://www.gigaphoton.com/ja/news/4949









 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向