.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年2月24日

東芝、メモリ事業を分社化

 東芝は2017年2月24日、同日に開かれた取締役会において社内カンパニーであるストレージ&デバイスソリューション社のフラッシュメモリ事業(SSD事業を含み、イメージセンサ事業を除く)を同年4月1日付けで分社化することを決定、3月30日開催の臨時株主総会に諮ることを発表した。
 半導体新会社は社名が「東芝メモリ」で、東芝の成毛康雄副社長が新会社社長を兼務する。対象事業の2016年3月期の売上高は8456億円、営業利益は1100億円。
 同社ではこの決定に伴い、分社化して発足する半導体会社への外部出資を20%未満に抑える計画で進めていた入札をやり直し、株式の過半を売却する方針としている。5月ごろまでに売却先を絞り込む。17年度中の売却を目指す。株式売却により、1兆円規模の資金調達を目指す。

URL=http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20170224_1.pdf









 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向