.

半導体・FPD業界の出版社 デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向

2017年2月14日

アルバックの17年6月期上期業績は増収増益

アルバックは2017年2月13日、2017年6月期の上期(2016年7月〜12月)業績を発表した。同期の全社売上高は前年度比9.0%増の1120億2100万円、営業利益は同33.6%増の144億900万円、純利益は同44.9%増の113億400万円となった。受注高は同20.2%増の111億円となった。大型TV向けLCD、有機EL、メモリ、電子部品向け投資が想定以上に活発であったことから、受注、売上が二桁層、売上増に伴い、利益も大幅に拡大した。
 FPD/PV製造装置の売上高は前年度比16.6%増の521億円、受注高は同」8.5%増の189億円となった。OLED用装置が、売上、受注を牽引した。半導体および電子部品製造装置は、売上高が同4.7%増の179億円、受注高は21.9%増の189億円となった。メモリ向け需要が牽引している。
 2017年6月期通期については、受注高が2300億円、売上高が2185億円、営業利益は26億円、純利益は195億円と予想している。FPDおよびPV製造装置事業は、受注高が横這い(0.8%増)の1123億円、売上高は23.6%増の1023億円と予想している。半導体および電子部品製造装置の受注高は同14.3%増の359億円、売上高は同15.9%増の358億円と予想している。

URL=http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1442575









 

EDリサーチ
お問い合わせ・ご質問は webmaster@edresearch.co.jp
(c) 2001 ED RESEARCH Co., Ltd. All rights reserved.

デジタル家電 通信・ネットワーク 移動体通信/携帯電話 次世代FPD 投資/工場計画 アプリケーション FPD新製品 半導体新製品 製造装置・材料 FPD動向 半導体動向